FC2ブログ
 

Straight Travel えほん

54字の物語

『54字の物語』 氏田雄介(うじた・ゆうすけ)作 佐藤おどり 絵 PHP



ある日、生物を研究している博士のところに贈り物が届きました。箱を開けた博士は「これは立派なエビだ」と喜んですぐにそれを食べました。しかし、博士がエビだと思っていたその生き物は、研究に欠かせない貴重な「新種生命体のサンプル」だったのです。博士が心待ちにしていたものは、料理となって自分の胃の中へ消えてしまったのでした。注意深く見ていれば、普通のエビではないことに気づけたかもしれないのに…。(「消えた贈り物」)。
9マス×6行の原稿用紙につづられた「#インスタ小説」がついに書籍化。『あたりまえポエム』(講談社)の著者が贈る、世界一短いかもしれない短編小説90話。


54字で書かれた超短編。ニヤリとするオチあり、ブラックなネタあり、SF風のお話あり・・・。
娘の小学校で、とっても流行っています。こういうショートショート、楽しいよね。

54字の超短編で十分面白いので、解説文は蛇足な気がしました。
もしくは、次のページで「ひとことネタバレ」くらいで十分かな。

ちなみに本のカバーをとると、ある仕掛けがあります。買った人は是非見てみてね。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック