Straight Travel えほん

ぼくにはしっぽがあったらしい

『ぼくにはしっぽがあったらしい』なかがわちひろ作 理論社

ぼくにはしっぽがあったらしい (おはなしパレード)ぼくにはしっぽがあったらしい (おはなしパレード)
(2003/05)
なかがわ ちひろ

商品詳細を見る


子どもの素朴な疑問に答えながら、ヒトの体の不思議について、やさしく解説。しっぽがあったあと、毛やうろこ、触覚など、他の動物たちと比べながら考察。体のあちこちで、何億年も前の記憶が信号を発している。

「お母さんのおなかにいるとき、人間の子もうさぎの子も魚の子も鳥の子も、しばらくそっくりなんだって。みんなりっぱなしっぽつき」

自分のしっぽはちょっと隠れてるだけ。
ぞぞぞーとするときうろこの波がたつ。
みけんに指を近づけると、触る前から何かを感じる
超音波が聞こえる夜。

本からの「知識」じゃなくて、自分の体の中の「けもの」を感じること。壮大な気持ちになれる本です。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック